講師養成科
ア講師養成科

ディプロマを取得するクラスです。全20項目を修了した方には、一般社団法人日本プロトコール&マナーズ協会より「プロトコール&マナー講師認定証」を授与させて頂きます。

概要と目的

ア講師養成科

日本プロトコール&マナーズ協会認定「プロトコール&マナー講師」を養成するクラスです。プロトコールを本格的に学びその指導者になるためのプロ養成クラスです。国際社会で活躍する方への総合的なサポートを行うことができる指導者になるための実力を身につけていく当講師養成科には、国際人育成の専門家、国際的な企業・団体の役員や秘書など、プロトコールを日常の仕事として行っている方々が、立場や目的に応じた、より高度かつ実践的なプロトコールを習得する目的でも受講しておられます。
プロトコールは、今後の日本及びアジア諸国において確実に必要となって参ります。しかし、日本及びアジア諸国では、プロトコールを本格的に指導できるプロフェッショナルがほとんどいないのが実状であり、その弊害は政治・ビジネス・サービス業・留学先・旅先などの様々な場面で表れております。当協会では、日本人の真の国際化と発展及び国際平和を願い、人々と社会の幸せのために貢献することのできる真のプロトコール講師を育成しております。

コース 一般社団法人 日本プロトコール&マナーズ協会認定講師養成
「プロトコール&マナー講師養成科」(個人レッスン)
定員個人レッスン
*少人数でのレッスンも承っております。その場合の受講料やカリキュラムはお問合せください。
日程毎回ご相談の上、生徒様と講師の都合の良い日時に行います。
時間1項目80分とし、原則として1日に2項目行います。
回数全10回・全20項目
講師松田玲子主任講師
会場都内会場
お申し込み資料を請求頂き、お申込み用紙にご記入の上、ファックスまたはメールにてお送り頂きますようお願い致します。後日、担当者より面接日時のご連絡をさせて頂きます。
※面談は、当クラスにおけるご希望をお伺いし、レッスン内容の詳細を決定するために行わせて頂いております。
お問合せ一般社団法人 日本プロトコール&マナーズ協会
TEL:03-6709-8350(平日10時~18時)

カリキュラム

レッスンは、下記の「プロトコール&マナーアドバイザー養成科」の高度な内容を指導できるようになることを目的として行います。様ざまなニーズと対象に応じた指導ができるようになるために、各項目とも、プロトコール講師として必要な人格・幅広い専門知識・教養・プロトコールのアレンジの実例・指導法を習得致します。個人レッスンで行いますので、きめ細やかなご指導のもとに確実に実力をつけていただくことができます。

 

テーマ内容
1.<人としての土台をつくる>天地自然の法則に学ぶ生命の本質と真のセレブリティの精神 プロトコールと日本のマナーの真髄は「自他の命を大切にすること」であり、それを身を持って示して生きるのが真のセレブリティです。ゆえに、貴族教育や一流のマナー教育では、人生の土台となる「自分=生命への正しい理解」から始まります。自分の本質を学び、すべての生命の素晴らしさを学び、プロトコールの提唱する「紳士淑女の精神性」を根底から身につけます。
2.<日本人としての土台をつくる>日本の精神・信仰の原点と世界に通用する江戸しぐさ アイデンティティをしっかりと持つことが、国際人の基本です。日本人はもちろん、世界中のすべての人に伝えたい「日本人の精神の原点」「礼儀作法の歴史」「江戸しぐさ」について学び、日本人は本来世界に堂々と通用する素晴らしい存在であることを、系統立てて習得します。
3.<礼儀作法とマナーの本質を学ぶ>神人一体の生き方とマナー本来の意味とその歴史 マナーは、自然の摂理に合わせて幸福に生きるための方法として生まれ整えられて行きました。古代の人々の祈りを起源とする「人類共通のマナーの歴史と役割」、身につけるほどに解放され自由に生きられるようになる「マナー本来の姿」を学び、マナーのプロとしての教養を得るとともに、現代のグローバルコミュニケーションについて考察します。
4.<正しいプロトコールを学ぶ>ノブレス・オブリージュとプロトコールの歴史・概要・活用法、紳士淑女のエチケット プロトコールは、それ単独で正しく理解することはできません。なぜなら、尊敬されるリーダーになるための人格形成を核として作られているからです。王侯貴族の栄枯盛衰の歴史から育まれた紳士淑女の美学「ノブレス・オブリージュ」の神髄と、それを核として作られているプロトコールについて、歴史・概要・現代における必要性と活用法まで系統立てて学びます。
5.<理論・実践>プロトコールの5原則と敬意表現(1) ◆これがトップクラスの人々が行うプロトコール。項目5〜6では敬意表現の原理原則とマナーを実践します。
内容:プロトコールの五原則/序列と上位・下位のルール/席次のルール(儀礼席次・公式席次・洋室・和室・乗り物・階段・エレベーターなど)/エスコートの実践とレディ・ファースト
6.<理論・実践>敬意表現(2) ◆国旗・国歌はプロトコールの最も重要な敬意表現。国際社会の常識です。
内容:国旗・国歌・国花・家紋の取り扱いのルール/敬称と呼称のルール(一般から皇族・王族・貴族・大統領・大使等の公職者まで)
7.<理論と実践>姿勢・所作・ウォーキング、紳士淑女の振舞いのマナー ◆振舞いは日頃の心の表れ。正しく美しい姿勢は全ての基本です。
内容:人体として正しく、紳士淑女として美しい、端正な姿勢・立ち方・座り方・所作・歩き方/立ち居振る舞いがもたらす、脳・心・体への効果と、周囲に与える影響について/紳士淑女の振る舞いのマナー (サロン・公共の場・職場・観劇・パーティなど)
8.<理論と実践>挨拶・紹介・名刺、国や立場による「好印象」の違い ◆プロトコールに則した挨拶は、知的な社交・円滑なビジネスの入口。
内容:歴史/挨拶と紹介のマナー(Shakinghand/Bow/Curtsy/Embrace/Kissing hand)/名刺のマナー(日本と各国の違い、社交名刺とビジネス名刺の使い分けと形式)/ボディ・ランゲージの国別の意味とタブー/立場や国によって異なる「好印象」のポイント
9.<理論と実践>気品ある手紙の書き方と敬称・署名・メールのマナー ◆手紙は自分の分身。格式高い手紙を実際に書いて身につけます。
内容:歴史/各種手紙の作法(和文:礼状・お悔やみ・依頼・お断り・お見舞い等)/用紙・封筒・カードのマナーと、目的に応じた選び方/宛名・署名・敬称・呼称・物称・その他のマナー(日・英・米)/手紙とメールの違いと使い分けのルール・国際ビジネスでの実際
10.<理論と実践>祝儀・不祝儀・贈答のマナー、日本の儀礼包みの実践 ◆「贈答の歴史」は、自他の幸せを願う「人間の歴史」。美しい心を継承します。
内容:歴史/日本の祝儀・不祝儀・贈答の作法(慶事・弔事・中元・歳暮・表書きの書き方・品物の選び方・贈り方・ふろしき・袱紗)/プロトコールの祝儀・不祝儀・贈答のルール
11.<理論と実践>人を魅了する美しい声の出し方、世界共通の会話のマナー ◆紳士淑女のマナーは、自他ともに心地よい空間をつくること。
内容:人の心を開く「世界標準の美しい声」とは/自他共に心地よい声の出し方の実践/大脳生理学に基づく「声が変わると人生が変わる」メカニズム/プロトコールの会話のルールとタブー・話題の選び方
12.<理論と実践>人を惹きつける魅力的な話し方とリーダーのスピーチ技法 ◆美しい日本語の話し方と、リーダーのスピーチ技法を身につけます。
内容:人を惹きつける魅力的な話し方/美しい日本語の話し方(正しい敬語・語尾・言葉の選び方など)/リーダーの会話のマナーとスピーチ技法
13.<理論と実践>ファッションのマナーと紳士淑女の自己演出術 ◆装いもお相手への敬意表現。世界標準のドレス・コードとドレス・フォー・サクセスをマスターし、自信を深めます。
内容:プロトコールのドレス・コードと装いのマナー(モストフォーマル・セミフォーマル・インフォーマル)/ジュエリー・靴・バッグ・毛皮などの着用ルール/立場に応じたブランドの選び方とレディのおしゃれ術/ドレス・フォー・サクセスと紳士淑女の自己演出術
14.<理論と実践>パーティと招待状のマナー、上流社会の社交・接待の実際 ◆「一期一会」の心をプロトコールに則して表現するのがレディの務め。主催者とゲストのプロトコール&マナーを学びます。
内容:パーティとレセプションの目的/カクテル・ガーデン・茶会・ディナー・結婚式・ボール・午餐・正餐・ホームパーティなど、各種パーティの主催者とゲストのプロトコール&マナー/上流社会の社交と成功のための接待術
15.<理論>プロトコールのテーブルマナー及び主要国のマナー ◆宮中晩餐会でのテーブルマナーを学びます。
内容:プロトコールのテーブルマナー(フランス料理フルコース)の知識と心得/知っておきたい主要国の基本的なテーブルマナーと文化・宗教(アメリカ・イギリス・フランス・イタリア・中国・韓国・インドなど)
16.<レストランにて実践>プロトコールのテーブルマナーの実践(上級) ◆フランス料理のフルコースをいただきながら、プロトコールのテーブルマナー(宮中晩餐会のマナー)を身につけ、その指導法を習得いたします。
17.<料亭にて実践>和室での立ち居振る舞いの実践と和食の基礎知識 ◆食べることは生きること。和食の作法は日本の心と歴史の集大成です。
内容:和室での振る舞いの実践(入室・座礼・お土産の渡し方・座布団の上り方下り方・退室など一連の所作振る舞い)/本膳・会席・懐石・精進料理の作法の基礎知識/日本の古代信仰と食事の作法の歴史
18.<料亭にて>会席料理をいただきながら美しい和食の作法を実践 ◆美しいいただき方は、品性の現れ。
内容:高級料亭での旬のお料理を楽しみながら、正しい作法で美しくいただきます。ご友人とのお集まりから海外賓客の接待まで、どのような場面でも自信を持って振る舞えるようになります。
19.フィニシング ◆これまでに学んだ全内容を復習します。
また、ご自身が講師役を務め、指導力を磨いて参ります。
20.フィニシング・認定試験
<認定証授与式>
◆ご自身が講師を務め、指導力を磨いて参ります。併せて認定試験を行います。
◆「プロトコール&マナー講師認定証」の授与式を行います。

備考

1. 全20項目を修了し、認定試験に合格した方には、一般社団法人日本プロトコール&マナーズ協会より「プロトコール&マナー講師認定証」を授与させて頂きます。
2.ご欠席の場合は、他日にお振替頂くことができます。本件を含め、個人レッスン受講の詳細については、ご受講手続きの際にお渡しする「確認書」に記載いたします。
3.著作権・肖像権により、授業の録音・録画は厳禁とさせて頂きます。
4.「会席料理実習」「テーブルマナー実習」のお料理代は、当日お支払い頂きます。
5.お支払い頂いた授業料は、理由を問わずご返却致しません。
6.お客様の個人情報は、個人情報保護条例に基づいて厳重に管理し、弊社主催の講座や催しのご案内以外には使用致しません。

プロ科修了後は、充実した認定サロン制度があなたの夢をバックアップ。また、アカデミー生による活発な社会貢献活動等で、活躍の場が広がります。

一般社団法人日本プロトコール&マナーズ協会認定証を取得後、ご希望の方には、協会の「認定サロン制度」にご登録いただき、講師活動やサロン運営のための様々なサポートを受けることができます。詳細は「認定サロン制度のご案内」をご参照ください。また、アカデミー生によるマナー普及のボランティア活動など、協会での活躍の場もございます。

ご受講から講師活動・サロン運営のサポートの流れ